ちるどれん'S WELT

ママになっても楽しい毎日を過ごそう!

必見!赤ちゃんとの電車に乗るときのコツとは?

f:id:orange-3kh:20200123154818j:plain

 

赤ちゃんが産まれると、公共機関をどうやって利用したらいいのか悩む、ママやパパもおおいと思います。

わたし自身、両方とも実家が 電車2時間の距離 なので

小さいうちから一緒に乗ることが多かったのですが、いつもヒヤヒヤ(汗

でも、スマホではあやさない!と工夫をいろいろしてきました。

 

今回はそんな電車移動をもっと楽しく

赤ちゃんにも、ママ・パパにも負担がないようにわたしのコツを伝授します!

 

 

 

 

赤ちゃんはいつから乗れる?

電車デビューは、はやくて生後1ヶ月の赤ちゃんです。

生後1ヶ月の検診が終わるまでは、抵抗力も弱いため外出はさせないからです。

 

ただし、電車の揺れや人ごみなど、刺激が強すぎるのも事実です。

移動する距離にもよりますが

授乳・おむつ替えも頻度が多いうち車移動がオススメ。

 

 

赤ちゃんの電車賃は?

1歳までは無料です。

鉄道のこども料金は6歳以上 となっています。

そのため、0~5歳の場合は基本的に無料なのですが

  • 座席をとる場合
  • 大人1人の同伴で幼児が3人以上

といった場合は、こども料金が必要です。

 

 

ベビーカー?? or 抱っこひも ??

その子にとって、どちらが寝やすいか、落ち着くかによりますが

私は今まで、一人でも抱っこひものみで電車移動をしています。

 

それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

 

ベビーカー

ベビーカー

メリット
  • 荷物を乗せれるので、楽ちん
  • 肩や腰など、からだの負担が少ない
デメリット
  • ベビーカー自体が場所をとってしまう
  • 限られた場所にしか座れない
  • エレベーターを探す手間がかかる。駅によってはない場合も。

抱っこひも

抱っこ紐

メリット
  • どこでも座れる
  • 階段も使えるので、乗換えが楽でスピーディ
  • 身軽
デメリット
  • 荷物もあれば、抱っこひもとの併用は大変
  • からだへの負担が大きい
  • 席の隣の人に、足が当たらないか心配

 

とくに一人での移動では、ベビーカーは荷物がつめて楽ちんなのは確かですが、車内だけでなく駅のホームや移動でも邪魔になってしまいます。

 

案外、割り切って抱っこひもで移動するほうが、余計な荷物はもたなくなります

泣いたときもすぐに立ってあやしたり、時には電車を降りたりと、身軽に動けるので私は抱っこひものほうがオススメです!

 

 

電車移動のコツとは?

車内のグズリ対策

実際、新幹線や私鉄など、わたし1人で連れて移動することが多いのですが、気をつけていることがいくつかあるのでご紹介します。

 

  • 電車の時間

電車は 通勤・通学の時間を避けることは当たり前、なぜなら人ごみは、赤ちゃんとママにとっても、周りにとっても大変だからです。

 

さらに大切なのは、なるべく 昼寝の時間帯にかぶせること!

月齢にもよりますが、自分のこどものリズムを知っているはずなので、寝る時間帯に移動しましょう。

電車の揺れは赤ちゃんにとっても 心地よく、自然と寝やすいのです。

 

  • 乗り込む場所

設定されていれば 女性専用車両 がオススメです。

男性でも、もちろん赤ちゃんに優しい人もいますが、、、

グズったときに、全体的に女性のほうが理解がある気がします。

 

また、優先席のトビラから乗り込むと、席に座れたり、ベビーカー置き場が設けられていることが多いので、スペースに困りません。

 

  • 乗換えが多い行きかたを選ぶ

もちろん荷物が多かったり、時間が長くかかる場合は、楽なほうを選びます。

車内で寝た場合も、そのまま乗ってるほうが起きるリスクは減ります。

 

しかし、同じくらいの時間がかかるならば、1本で目的地に行くよりも乗り換えをするほうがオススメです。

 

なぜなら、乗り換えることで気分転換になり、赤ちゃんの退屈をしのげるからです。

私鉄を乗り継いでいく場合、いったん下車して買い物をしたり、授乳やおむつ替えも休憩をはさむことで可能です。

 

 

 まとめ

同じことをしても、その日の機嫌によって泣くこともあるかと思います。

そんなときは思い切って駅で降りて、気分転換させることも大切です。

動画を見せるのは簡単ですが、赤ちゃんにも、ぜひ電車を楽しんで、好きになってもらえたら嬉しいです。