ちるどれん'S WELT

ママになっても楽しい毎日を過ごそう!

赤ちゃんとの温泉デビューはいつから?知っておきたい注意点

f:id:orange-3kh:20200124211458j:plain

 

ひごろの疲れを癒すためにも、ゆっくりできる温泉旅行を計画する ママ・パパも多いかもしれません。

今回は家族みんなで楽しめるように 注意点をまとめました。

 

 

いつから温泉に入れてもいい?

赤ちゃんの温泉

生後1ヶ月になると、沐浴から大人と一緒にバスタブでの入浴 ができるようになります。

そのため温泉に入る場合も 生後1ヶ月以降となります。

 

ただし、自宅のおふろのときでさえ

  • いちばん風呂に入れる
  • 浴槽は念入りに洗う

といったように、抵抗力が弱く感染症にもなりやすいため注意が必要です。

温泉は 多数の人が出入りしている場所ということを理解したうえで、赤ちゃんと一緒に入りましょう!

 

また、首がすわっていないうちは横抱きしかできず、大浴場でのママの負担もふえてしまいます。

腰がしっかりする6~8ヶ月ころであれば一緒に楽しめるでしょう。

 

 

温泉の泉質・温度の注意点は?

  • 泉質

温泉といえば疲労回復や美肌効果など、さまざまな効能があります。

それは全て、温泉の泉質によって変わってくるのです。

赤ちゃんは肌がうすく、外からの刺激を受けやすいため

強酸性や強アルカリ性など、大人が入って刺激が強い泉質は避けておきましょう。

また、硫黄も独特の匂いがあるのでオススメできません。

 

  • 温度

月齢にもよりますが、赤ちゃんのお風呂の適温は 38~40℃ とされています。

この温度はおとなからすると、すこしぬるいくらいです。

ということは…赤ちゃんにとっては 温泉の温度は高め なのです。

勝手な温度調節は難しいので、なるべく

  • 蛇口からはなれたところで入浴する
  • 浴槽がいくつかあれば、ぬるめのところを選ぶ
  • 長風呂は避ける

を注意して入りましょう。

 

宿によっては、ベビーバスの貸し出しをしているところもあるので、選ぶときに参考にするのもいいかもしれません。

 

オムツをしていても大丈夫?

答えは 場所によって異なります。

オムツが取れてないうちは、入浴を禁止しているところもあります。

許可している場所でも周りの迷惑にならないよう、しっかりとマナーは守りましょう。

お風呂に入る前には大人同様、しっかりと洗うことが大切。

最近ではプール用のオムツ(吸収してくれるもの)もありますが、大浴場に履かせて入るのはマナー違反です。

万が一、漏れてしまった場合は、きちんと責任を持って掃除し、更に清掃の人に伝えるようにしてください♪

 

持ちもの

脱衣所に持っていきたい赤ちゃんグッズはいくつかあります。

  • 赤ちゃん用せっけん
  • 大きめのタオル
  • 飲みもの
  • 保湿クリーム・ローション
  • おむつセット・ゴミ袋

です。

温泉はとくに、あがったあと乾燥しやすいので、保湿と水分補給をしましょう。

使ったオムツも脱衣所に捨てて帰らず、部屋に持ち帰って処分するほうがベター。

 

脱衣所にベビーベッドがあれば、赤ちゃんを置いて着替えることもできます。

しかし、設置がなかったり、他の人が使用していてと使えないこともあります。そんなとき余分に持ってったタオルを、床にひいて替わりとして使えるので便利です。

 

まとめ

赤ちゃん用の備品など、わかる範囲は調べておくのが安心です。

リラックスにきた温泉旅行で、逆に疲れてしまわないよう準備してみてはいかがでしょうか♪