ちるどれん'S WELT

ママになっても楽しい毎日を過ごそう!

いつから赤ちゃんと自転車に乗れる?抱っこ紐の使い方と乗せ方

f:id:orange-3kh:20200122134738j:plain

 

スーパーや小児科へ、とても便利で身近な移動手段である自転車。

行動範囲が一気に広がるので、早く乗せたいと考えているママも多いはずです。

今回は、赤ちゃんを安全に自転車に乗せるポイントをご紹介します。

 

 

何ヶ月から乗せれる?

法律としての決まりがないため、何ヶ月からでも可能です。

そのため、自分の赤ちゃんの体型や発達を見ながら決める必要があります。

 

  • 前乗せ

自転車の、ハンドル部分に取り付けるタイプでは

7,8ころ 腰がしっかりして、一人で座れるようになってからです。

理由は前かごの場合、運転中も目がとどくからですが

そうは言ってもまだ小さいので、安全上1歳ころが適齢とされています。

実際、取り付けるかごの種類・メーカーにもより、対象年齢が記されていることがほとんど。

自転車のいちばん前に乗せ、風とスピードを直で感じてしまうため、ある程度の月齢になっていないと怖がってしまいます。

 

  • 後ろ乗せ

運転中もママやパパの視界にはいらないため、1歳を過ぎてからがベスト。

前乗せに比べて、ハンドルがとられず安定して運転できるため、大きくなった子どもも乗せることができます。

 

 

抱っこひもは使っていいの?

抱っこ紐で自転車

答えは 使用可能!ですが、、、少しややこしい決まりがあります。

  • 抱っこひもで前抱っこ → X
  • 抱っこひもでおんぶ  → 〇

そうです、抱っこで乗ることは法律で禁止されているのです。

 

前抱きの場合、万が一転倒したときにママの下敷きになるなど、危険が高まるため違反となっています。

だからといって、おんぶが安全か と言ったら危険ももちろんあるので、一人で乗るときよりも注意して慎重に運転しましょう!

 

何人まで乗せれる?

赤ちゃん自転車

一人目ならまだしも、小さな兄弟を連れて自転車に乗る場合もあるでしょう。

地域によっても道路交通法は異なりますが、答えは3人です。

 

ただし、いくつか決まりがあります。

前と後ろに一人ずつ乗せる場合

「自転車自体の安全基準を満たしているもの」でないと乗せることはできません。

ふつうの自転車であれば

「ひとりはおんぶ、もう一人は前or後ろに乗せる」は可能です。

 

 

ヘルメットは必要?

道路交通法では

「13歳未満の子どもはヘルメット着用を努力しましょう。」

と明記されていますが、着用は義務ではありません

そのため、もしかぶっていなくても、罰金などはないのです。

 

赤ちゃんの場合、ぼうしやヘルメットを嫌がる子もおおいので

無理にかぶせなくてもいいのです。

 

ただ、ヘルメットをかぶることで事故やケガを軽くできたり、かぶせるほうが絶対に安全でリスクも減ります。

 

まとめ

気軽にだれでも乗れる自転車だけに、乗りかたを間違えると危険なのは事実。

安全に楽しく、赤ちゃんとお出かけを楽しんでもらえたら嬉しいです♪