ちるどれん'S WELT

ママになっても楽しい毎日を過ごそう!

赤ちゃんの離乳食にはどれがおすすめ?元パン職人が選ぶ、市販の食パンランキング

食パンどれ?ランキング
離乳食の主食にも、手軽で外出先でも食べさせやすいパン。

その中でも食パンは最初にあげられるものですが、赤ちゃんにも安心してあげられる市販のものはどれでしょう?

いつから?どうやって?などの疑問に元パン職人の私が解説します!

合わせて読みたい ↓↓↓

www.babyjoy.work
 

 

いつからあげられる?

いつから

食パンは 離乳食の初期(5,6ヶ月)からあげることができます。

ただし7大アレルゲンである、小麦・卵・乳を含んでいるものが多いので注意が必要です。

もし食パンを食べてアレルギー反応が出たとき、どの食材か特定するのも難しいため、まずは単体であげて様子を見てからにしましょう。

 

 

月齢別おすすめの離乳食レシピ

レシピ

離乳食初期(5,6ヶ月)

初期の段階では、そのままあげることはできません。

すりつぶして粉ミルクと一緒に柔らかく煮て、パン粥にしてあげましょう♪

離乳食☆初期☆冷凍できるパン粥 by だすあず 【クックパッド】

やわらかい食パンそのままをすりおろすのは、意外と難しいので一度冷凍してからがオススメです!

離乳食中期(7,8ヶ月)

口の中でつぶして食べれるようになるので、すりおろさなくても一口大の大きさでも大丈夫。

切ってからミルクなどで煮るようにしましょう。

かぼちゃ入りパンがゆ(離乳食:中期7~8か月) | キッチンポケット

離乳食後期(9,10ヶ月)

お粥にしなくても、そのまま食べれるようになります。

まだパンの耳部分は固いので、真ん中の白い部分をあげるようにしてください。

自分で手づかみで食べれるのは食育にもいいので、ぜひ取り入れてください♪

 

合わせて読みたい ↓↓↓

www.babyjoy.work

 

www.babyjoy.work

 

 

 

市販の食パンの選び方

食パンの選び方

スーパーでも手軽に買えるパンだからこそ、裏の成分表示をしっかり見てから購入してみてください。

判断の基準

  • 乳化剤・イーストフード不使用
  • 添加物がなし/少ない
  • 国産の原材料
  • トランス脂肪酸が0かどうか
  • たまご使用かどうか
  • 脂質・食塩の量
  • はちみつ不使用かどうか

です。

全てクリアしている商品はやはり少ないですが、チェック項目として役立ててもらえたら嬉しいです♪

合わせて読みたい ↓↓↓

www.babyjoy.work

 

 

オススメの市販の食パン

Pasco 超熟 国産小麦

超熟国産

人気の超熟シリーズの、さらに原材料にこだわった食パンです。

小麦粉は100%国産のものを使っており、油脂もバターのみで赤ちゃんにいちばん安心の食パンと言えるでしょう。

ただし250円ほどと、通常の超熟よりも倍近いお値段がします。

原材料

小麦粉、砂糖、バター、パン酵母米粉、発酵種、食塩、醸造

味の違いはノーマルタイプとさほど変わりませんが、バターのコクがあります。

その分、ほかの食パンに比べて脂質が高いため、あげすぎには注意が必要です。

 

Pasco 超熟 

超熟

原価の高い国内小麦粉3%使用していて、なお添加物はない安心の原材料

裏の原材料を見ると一目瞭然、ムダなものが一切入っていません。

原材料

小麦粉、砂糖、バター入りマーガリン、でんぷん、パン酵母、食塩、米粉醸造

裏には書いていませんが、オフィシャルHPにはきちんと、トランス脂肪酸が0と書かれているので安心です。

食感はふわっと柔らかく塩味も油分も少ないので赤ちゃんはもちろん大人にもおすすめです♪

 

フジパン 本仕込

本仕込み

塩・砂糖・バターが全て国内産というこだわりで、イーストフード・乳化剤という添加物は使われていないので安心できます。

原材料

小麦粉、砂糖、バター入りマーガリン、脱脂粉乳、食塩、ショートニング、パン酵母、発酵風味料/ビタミンC

マーガリン、ショートニングが気になる人もいるかと思いますが、こちらもトランス脂肪酸は0と明記されています。

もちっとした食感で食べ応えがあり、バターの風味が強く感じられます。

そのため気になるほどではありませんが、赤ちゃんへのおすすめ度は超熟よりは下です。

 

タカキベーカリー オリーブオイル食パン 

オリーブオイル食パン

広島のパン屋、アンデルセングループの会社で、中四国中心の製パン会社なので、全国どこでも買えるわけではありません。

名前のとおり、食パンにしては珍しいオリーブオイルが使われているのが特徴で、バター・マーガリン不使用です。

原材料

小麦粉、砂糖、オリーブ油、パン酵母、ホエイパウダー、食塩、食酢、発酵風味料、小麦たん白調製品、小麦粉調製品/トレハロース、V.C

実は オリーブオイルは母乳と成分が似ているといわれており、イーストフードと乳化剤も入っていないためおすすめできます。

少しパサっとした食感塩味が強めの食パンなので、そのままあげるよりはミルク粥など料理に使うほうが食べやすいでしょう。

 

 

トップバリュ やわらか仕込み 

やわらか仕込

値段108円(税抜)の自社ブランド、トップバリュの食パン。

安さの割りにイーストフード・乳化剤など添加物は不使用で、発酵にヨーグルト種が使われているので乳酸菌も含まれています。

原材料

小麦粉、砂糖、発酵バター入りマーガリン、食塩、パン酵母、ヨーグルト種、乳等を主要原料とする食品、発酵風味料、加熱乳酸菌粉末

製造者はフジパンなので、安心して食べることができます♪

しっとりした食感で甘みが感じられるので、そのまま食べても美味しい食パンです。

 

合わせて読みたい ↓↓↓

www.babyjoy.work

 

気をつけたい添加物

添加物

発色をよくしたり、風味や持ちをよくしたりと、添加物が決して悪いわけではないのですが、小さなこどものことを考えると少し神経質になってしまいます。

パンに含まれる代表的な添加物で気をつけたいのは2つです。

 

イーストフード

イーストフード添加物の総称で、16種類の添加物のうち2つ以上使われている場合に一括表示されているのです。

働きとしては同じように、ボリュームを出したり膨らましてくれるものですが、マグネシウムカリウムなどミネラルが正体です。

人体に影響はないものの、多量に摂取するとよくないものの入っています。

このイーストフードは“どの添加物をどれだけ使っているかが分からない” 表記というのが問題なのです。

 

乳化剤

パンに使われている乳化剤の役割は主に

  • グルテンに働きかけて、柔らかい食感にする

  • 油脂を生地にうまく混ぜて、パサつきを抑える

です。

合成も天然由来のどちらも乳化剤として使われていますが、天然だからといって安全化は分かりません。

たとえばレシチンは、天然の大豆由来でも、遺伝子組み換え大豆の可能性が高いからです。

乳化剤も1つの添加物の名前ではなく中身が分からないというのが怖いとされている原因なのです。

合わせて読みたい ↓↓↓

www.babyjoy.work

 

 

まとめ

正直原材料を気にしすぎても疲れてしまいます。

でも、大人になって自分で選べるまでは、ママやパパが気をつけてあげるしかありません。

赤ちゃんに少しでも安心・安全な食パンを選んであげてはいかがでしょうか♪