ちるどれん'S WELT

ママになっても楽しい毎日を過ごそう!

《体験談》赤ちゃんのストロー練習はいつから?飲めるようになるおすすめ方法

f:id:orange-3kh:20200208133719j:plain

 

私たちはふだん何気なく使っているストロー。

でも実は、赤ちゃんにとっては吸い方も分からない新しい道具なのです。

実際に試した練習方法とやり方をお伝えします♪

 

 

いつから始める?

ストローマグの対象年齢は8ヶ月ころ と裏面に書かれています。

でも実際私は5ヶ月ころには始めました

なぜなら

  • 離乳食が始まった
  • 歯が生えたのが早かった
  • 完全母乳だったため、哺乳瓶で飲んだことがない
  • 帰省や旅行が多かったので、持ち歩きたかった

からです。

まわりの友だちもみんな、やはり同じようなもので、ごはんの合間の水分補給をさせたいという理由が多くありました。

 

ただ、もちろん5ヶ月の赤ちゃんはストローでうまく飲めません

その子によっては最初からいきなり吸えた子もいましたが、ウチの娘は苦戦していました。

 

スパウトは必要?

赤ちゃんがストローで飲めないいちばんの理由は

哺乳瓶やおっぱいと飲み方が違うから です。

舌を使って吸い上げるのではなく、ストローは空気を吸わなければなりません。

でもこの ストローで空気を吸う というのが難しいのです。

 

ストローの練習としてスパウトというものがありますが、これはオススメできません

なぜなら吸わなくても傾ければ出てくるから。

確かに飲み口はストローの形状と似ているので、口当たりの練習にはなると思います。

ただ吸い込む練習にはならないのです。

 

 

おすすめの練習方法

紙パックジュース

紙パックの飲料を使う

いろいろ試しましたが、娘にはこれが一番合っていたようです。

やり方は簡単。

  1. 市販の紙パックジュース(お茶)を準備します。
  2. ストローを口にくわえさせます。
  3. 紙パックをを押して飲ませてあげる。

最初はストローをかんだり、指で触ったり、くわえてくれません。

ママが飲む真似をして、口元に持っていくとだんだんくわえるようになりました。

くわえれば飲みものが飲める と分かったところで、次は押してあげるのをやめます。

吸おうと頑張っていれば押してあげるようにするのです。

そうすることで 吸う=飲める と分かるようになりました。

 

 スポイトのようにする

汲み上げてあげるやり方

  1. ストローの中に飲みものが溜まるように、先を指で押さえます。
  2. 押さえてない反対側のストローを赤ちゃんの口に入れます。
  3. 吸おうとしたら離してあげる

この方法はあまりオススメできません。

どうしても赤ちゃんが見上げるような角度になってしまい、ふだん飲む姿勢と違うからです。

また少量の液体しかストローに吸い上げられないのも大変。

何度もさせていると飽きてしまい嫌がってしまいました。

 

オモチャをつかって吸う練習をする

飲みもので練習するとどうしてもこぼしたりします。

ストロ-が使えるようになるには

空気を吸ったり吐いたりの練習ができればいいのです。

たとえば、赤ちゃん用のオモチャのラッパ呼吸で音が鳴るものがあります。

最初は上手くできなくても、たまたま息が入ったときに鳴れば学習していくので、ストローで吸う練習にもなりました。

 

まとめ

赤ちゃんの成長には個人差も、好き嫌いの好みもあります。

ストローで飲めればママやパパがだいぶ楽になるのは事実ですが、いずれは絶対にストローで飲めるようになるので気長にペースを見てあげればいいでしょう♪