ちるどれん'S WELT

ママになっても楽しい毎日を過ごそう!

海外旅行保険は赤ちゃんには必要?行く前に受けたい予防接種リスト

f:id:orange-3kh:20200116213952j:plain

 

赤ちゃんを連れて、念願の海外旅行に行く!と決めたのも束の間。

体調を崩さないか、飛行機にいい子で乗ってくれるのか、などなど心配事はつきませんよね。

今回はそんな不安を解消するヒントをお伝えします♪

 

 

予防接種は受けるべき?

予防注射

観光地であれば、人ごみに行くこともおおいので、どんな病気がうつってしまうか分かりません。

 

母子手帳にもあるように、国内にいても予防接種のスケジュールが決められています。

3ヶ月になったら、1歳になったら、というように

自分を守るための予防接種は、時期がくればなるべくはやく済ましたほうがベター

もしも海外旅行前に、まだ受けていない注射があるとしたら済ましておきましょう。

 

渡航先によっては、追加でうけたほうがいい場合もあります。

自費でうけられるもの

  • A型肝炎ウイルス:0歳から可能。2回の摂取(2回目は前回から2~4週間後)
  • 狂犬病ワクチン:3回の摂取が必要。間隔はすくなくとも7ヶ月は必要。ただし噛まれる前のワクチンは数がすくなく受けられない可能性も。狂犬病にかんしては、噛まれた後でもワクチンによる治療が可能。
  • 黄熱ワクチン:生後9ヶ月から可能。アフリカや南米でおおく見られる。
  • 髄膜炎ワクチン:2歳以上から可能。

 

海外旅行保険の加入は?

海外旅行保険

加入はあくまでも任意です。

ただ、なれない土地で、気候も食事もいつもとは異なるので、おとなよりも体調を崩しやすいのは事実です。

万が一受診すれば、医療費は高額になってしまいます。

また、ホテルの備品やレストランの食器など、物を壊してしまうことも。。。

携行品損害もしっかりついている保険が安心です。

 

海外旅行保険には

  • クレジットカード付帯のもの
  • 一般の保険会社からはいるもの

があります。

ただしカード付帯の保険は、クレジットカードの所有者のみの対象となります。

あくまでも個人対象の保険になるので、赤ちゃん名義での契約が必要です。

 

ママ・パパ → クレジットカード付帯

赤ちゃん → 個別に契約

費用をおさえるなら これが一番安くすみます!

 

保険会社では、家族まとめて ファミリープランを設けているので、全員が入るのであればこのプランのほうが合計は安くなります♪

 

 

出発前にかかりつけ医に行く

かかりつけ医

旅行前にかかりつけ医の受診・相談しておきましょう。

意外と見落としがちなポイントですが、不調や心配があれば薬を処方してもらえるので

旅行中も、おまもりがわりにできるのです!

 

乳幼児の医療費はタダ・格安で受診ができるのも気軽なところ。

海外でよくわからない薬をつかえないので、日本から持っていくのが安心です。

 

まとめ

赤ちゃんとの旅行を過剰にかんがえるのも良くないことです。

ただ、ひやひや ハラハラと心配して、せっかくの旅行をママ・パパが楽しめないのはもったいない!

家族みんなで存分に楽しむために、先にできることはしておきましょう♪